<< 掛け替えのない存在。     またまたタートル >>